【キョウガノコ(京鹿子)】

今、庭に こんな「花」が咲いています。

画像


そっくりな花に「シモツケソウ」がありますが、咲く時期、トゲの有無 等から
おそらく、いや・・・多分・・・『キョウガノコ』だと思われます。。。
(判断できる方が居ましたら、ご教示いただけると嬉しいですね。)

画像


【キョウガノコ】(京鹿子)

科名:バラ科シモツケソウ属

学名:Filipendula x purpurea

草丈:50cm~150cm

開花時期:6月~7月


京鹿子(キョウガノコ)はバラ科シモツケソウ属の多年草で、古くから庭園などで栽培され、茶花にも利用されてきました。
しかし、自生しているものは発見されていません。

越路下野草(コシジシモツケソウ)を改良したものか、あるいは越路下野草(コシジシモツケソウ)と下野草(シモツケソウ)の交雑種であろうと考えられています。
草丈は50センチから150センチくらいで、茎は緑色、紅紫色を帯びており、よく枝分かれをします。

画像


シモツケソウ属の葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)、互い違いに生える(互生)。
頂小葉が大きく、5つから7つに手のひら状に裂けます。
裂片は長い卵形で先が尖り、縁には切れ込んだ重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)があります。
本種の場合は、側小葉がはっきりしないか、消失しています。

画像


開花時期は6月から7月。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径4、5ミリの小さな花をたくさんつけます。
花の色はピンクで、花弁は5枚、形は長い卵形をしています。
雄しべはたくさんあり、花弁よりも長く、雌しべは3本から5本です。

和名の由来は、京都で染めた鹿の子絞りに見立てたもの。
白花のものもあり、これは夏雪草(ナツユキソウ)と呼ばれています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック